IMG_2450

IMG_2449


ただ先生にお願いして親御さんのE-MAILやらにメッセージを送るのは難しくないですが、なんかちょっと違うというか 伝わらない気がします。やはり手書きのお手紙の威力って別物ですね。住所を聞く勇気がなかった母を許してくれ・・・


サーシャもフジコも変わり者なので、気があった様です。サーシャはドジっ子で、本当に何もないところでものすごいずっこけ方したりしてて見ていて愛嬌のある可愛い子でした。 親の都合とも子供の都合とも何とも言えない結末に、モヤモヤするだけの我々親子。

 ところで、本当はもっと調べてから書きたかったのですがネタは温かいうちに!という事でホームスクールについて書いてみたいと思ってました。


ーホームスクールて何だろう?ー

日本でも一応はあるらしいですが、その存在すらご存知ない保護者の方のが多いと思います。
いいんです、ホームスクール制度。 
学校に毎日通わなくていいんです。家で親から勉強を習います。不登校の子ども、学校が遠すぎる子ども、持病、学校の方針に疑問がある場合、スポーツのトレーニングがあるなど色んな事情があると思います。サクラメントに引っ越してから、ホームスクールの子供の多さにビックリしてます。ぼんのいとこの子ども達やぼんの姉自身も高校からはずっとホームスクール。

正直、社会性が育つのか心配と思っていましたが少し調べただけでもそうとは限らない様です。少し例を挙げるだけでも、ホームスクールの子供の方が学校に通う子供達より実は学力レベルが高かったり自己肯定感が育ちやすかったり、成人後も社会活動への関わりが一派の学校を出た人より高いという研究結果などがあるそう。(参照1/ 参照2



家庭によっていろんな事情がある事を考えたら日本でももっと広まってもいいのではと感じました。
特に年々深刻化するいじめのニュース、命をかけてまで学校に行かなくていいし、親も行かせなければとプレッシャーに感じなくていいし、学校の先生もすでに限界まで働いているなら ホームスクールいいと思います。


ぼんのいとこは子供が五人いて共働きなので 送り向かいが大変だという理由でホームスクール。また他のいとこは親が離婚して母親と父親の場所を週替わりで行ったり来たり子供達にとってはホームスクール以外に選択の余地がありません。

親が先生になる場合と、オンラインの授業の様に自分で勉強して、月に何度か対面もしくはまたオンラインで先生との授業というタイプもあるそうです。



ランキング用ボタンつくってみました!
クリックで応援ぜひオネシャス!
↓↓↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
ポチりと!
スポンサードリンク